やよい接骨院

記事一覧(24)

猫背矯正をすると・・・

以前より、当院では猫背矯正をさせて頂いておりますが、実際に矯正をするとどうなるのか、何が良いのかを列挙していこうと思います。①骨盤が正しい位置に戻されることで、脚がスラっと細く見え、O脚改善や便秘の解消に繋がる。②丸まった背中がピンと張るので、身長アップが出来、巻き肩も矯正されてしっかりと胸も張るので、見た目以上に若々しく見える。女性の場合、バストアップ効果が見られる。③②によって、肺や胃腸系の内臓が圧迫から開放され、呼吸が楽になり、消化不良が起き難くなる。④ストレートネック(首の骨が真っ直ぐになった状態)が矯正されることで、肩こり・頭痛・めまい・吐き気等から開放される。⑤骨盤・背中・首の全部が矯正されるので、圧迫されていた血管が開いて血液の循環が良くなり、冷え性対策・むくみ予防・ダイエットし易い身体が手に入る。⑥定期的(週1回が理想)に受けることで、身体が自然に正しい姿勢を勝手に認識するようになる(平均でおよそ3ヵ月後)他、歪んだ感覚が分る様になるので、対策が練り易くなる。⑦自宅で簡単に出来るセルフケアで、さらに歪み難い様になる。以上のようなメリットしかないので、一度受けられてみては如何でしょうか?いつでも受け付けておりますので、ぜひご相談下さい! 

産後の骨盤のお話

やよい接骨院です。さて今回は、妊娠期間中から産後の骨盤のお話です。お産の経験がある方はその後で腰痛に悩まされたりした事が多々あるのではないでしょうか?その腰痛の起因となったのが、妊娠期間中に体内から分泌される※リラキシンというホルモンにあると言われています。勿論、リラキシンだけではないですが。※リラキシンとは、卵巣や子宮、胎盤などから分泌される女性ホルモンの一つです。

主に妊娠中に分泌量が増え、筋肉や靭帯を緩める作用があり、「子宮緩和因子」とも呼ばれています。リラキシンのおかげで、産道周辺の筋肉や靭帯が緩まって骨盤がひらきやすくなり、分娩時に赤ちゃんがスムーズに出てこられるようになるのです。

お産に必要なホルモンなので、妊娠中でも特に、妊娠後期~末期にかけて分泌量が増えるといわれています。逆に、リラキシンが分泌されなければ、分娩の際に母体は、とんでもない苦しみを味わうことになるわけですね。問題はここからで、産後すぐに緩んだ筋肉や靭帯が元々の弾力にわけではありません。このことについてはホルモンがまだ出続けているとかいないとか、諸説あるそうなのですが、無事に出産を終えたママさんからすれば、そんな事よりもプロポーションの低下や腰痛の事を気にされるのではないかと思います。