骨盤のゆがみについて per.3

やよい接骨院の平井です。今日は『O脚』について

少々お話を。・・・タイトルとちげーだろ!なんて

思うかも知れませんが、とんでもない!骨盤とO脚

は、ちゃんと関連があるんです。勿論、ロジカルに。

例えば、何も考えずフツーに気を付けの姿勢をとっ

た時、内くるぶし・ふくらはぎの内側・膝の内側・

内腿がくっついていますか?それと、膝のお皿は、

左右ともに内側に向かず、正面を向いていますか?

すべてクリアしているなら、何の問題もありません

が、膝の内側がピッタリくっつかず、指や拳が貫通

するくらいにスキマがある(要はO脚になってる)

トはほぼ骨盤が前傾してると見て良いでしょう。

さて、そんな状況でも少し『両膝を曲げれば』ピタ

と膝がくっついてくれると思います。次にその膝

伸ばしていくと、骨盤の前の出っ張りあた

りが緊してくるのが感じ取れると思います。その

まま矯正されれば良いのですが、残念ながら(汗)

ただ、ここでひとつ分ることは『前ももの筋肉が縮

まったまま硬くなっている』という事なんです。

筋肉って、ゴムみたいに伸びも縮みもしますけど、

骨盤が前傾して歪んでしまうと、前ももの筋肉が短

縮すると同時に、大腿骨自体も内向に捻じれてし

まいます。それが結果としてO脚になるんです。

骨格その物が、歪んだ状態から本来あるべき姿勢に

改善されない限り、O脚に限らず根本的な解決には

絶対至らないでしょう。なので、日頃からセルフケ

を習慣付けておく事を強く推奨いたします。

・・・今日は写真ナシ!


やよい接骨院

千葉県野田市で『患者様の症状にトコトン向き合って一緒に』身体機能の回復や向上を目指す接骨院です。保険外では、猫背矯正やほうれい線ケア等にも着手し、幅広い施術を提供させて頂いております。日曜日も通常開院しております。