産後の骨盤のお話

やよい接骨院です。さて今回は、妊娠期間中から産後の

骨盤のお話です。お産の経験がある方はその後で腰痛に

悩まされたりした事が多々あるのではないでしょうか?

その腰痛の起因となったのが、妊娠期間中に体内から分

泌される※リラキシンというホルモンにあると言われて

います。勿論、リラキシンだけではないですが。


※リラキシンとは、卵巣や子宮、胎盤などから分泌される

女性ホルモンの一つです。 主に妊娠中に分泌量が増え、筋

肉や靭帯を緩める作用があり、「子宮緩和因子」とも呼ばれ

ています。リラキシンのおかげで、産道周辺の筋肉や靭帯が

緩まって骨盤がひらきやすくなり、分娩時に赤ちゃんがスム

ーズに出てこられるようになるのです。 お産に必要なホルモ

ンなので、妊娠中でも特に、妊娠後期~末期にかけて分泌量

が増えるといわれています。


逆に、リラキシンが分泌されなければ、分娩の際に母体は、

とんでもない苦しみを味わうことになるわけですね。問題は

ここからで、産後すぐに緩んだ筋肉や靭帯が元々の弾力にわ

けではありません。このことについてはホルモンがまだ出続

けているとかいないとか、諸説あるそうなのですが、無事に

出産を終えたママさんからすれば、そんな事よりもプロポー

ションの低下や腰痛の事を気にされるのではないかと思います。

そこでよくある『産後の骨盤矯正』なんですが、矯正する

タイミングが早過ぎると、正直言っていくらやってもムダ

です。理由は簡単ですね。『まだ骨盤周辺の筋肉や靭帯が

緩んだまんま』だからです。ではいつ頃からが適当なのか

というと、産後からおよそ3ヶ月後くらいです。あくまで

も個人差がありますので、鵜呑みにすべきではありません

が、『最低』3ヶ月を一つの目安にしてみて下さい。

なお矯正に関して、身体は元の形状に戻るまでにも、それ

なりの時間を必要としますので、気長に繰り返すことを予

め念頭に入れながら取り組むことをお勧めいたします。


やよい接骨院

千葉県野田市で『患者様の症状にトコトン向き合って一緒に』身体機能の回復や向上を目指す接骨院です。保険外では、猫背矯正やほうれい線ケア等にも着手し、幅広い施術を提供させて頂いております。日曜日も通常開院しております。